コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

MacBook Air11インチ用インナーカバー(SUONO:FILO)

MacBook Air11インチ用のインナーカバーが届きました。
購入は悩みました。

buzz-house designさんの「ハンドメイドフェルトケース for MacBookAir11インチ」か、SUONOさんの「MacBook Air 11inchケース:FILO」か…。


散々迷ったあげく、決めたのはSUONOさんのものでした。
SUONO
サイズもピッタリ、質感も最高です!

これで外出もOKですっ(^^)v
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

僕の「Back To The Mac」②

さて、「僕の『Back To The Mac』�」で書いたとおり、アップルオンラインストアで注文したMacBookAirが初期不良で新品交換となりました。

そして、11月13日午前、やっと交換品が届きました。
延べ2週間です。長かったです。
そして、嬉しかったです。
MacBookAir

MacBookAirは、本当に軽快に動作してくれます。
OSの起動も、アプリの起動も本当に軽快です。

ただ、CPUスペックが低いので、重い作業をすると、CPUのスペックの低さを実感します。
(これについては頻度が少ないので問題になりませんが…)

11インチでもフルサイズのキーボードですが、キーストロークが浅いように感じます。
長い文書を入力しているとそれを感じます。
MacBookAir

画面サイズ(1388x768)も十分です。


そして、何よりもこの1kg程度の重量が行動力を増進させてくれます。
今までMacBookPro15インチで約2.5kg、iPadで約700gです。

iPad購入以来MacBookProを持ち歩くことはなくなりましたが、このMacBookAirなら持ち歩くことも苦になりません。

すでに、iPadを手放し、先日MacBookPro15インチも手放しました。
これで、Air中心の(っていうかAirしかない)生活です。
MacBookAir

データ関係は、家庭LAN内にあるNASに保存してあり、Airには必要なものしかありません。
更新頻度が高い文書はGoogleとも同期してあるので、出先でも文書を扱えます。

こまったのは、DVDドライブがないことでしょうか。
慣れようか、買ってしまおうか悩んでいます。

コンテントヘッダー

僕の「Back To The Mac」①

10月20日、アップルがスペシャルイベント「Back To The Mac」を開催しました。

その中では、アップル社の2010年度経営状況の報告やiLife11の紹介、次期MacOS(Lion)、新しいMacBookAirの紹介がありました。

話の中で私が気になったのは、新しい「MacBookAir」の発表です。
今までのAirは小さいながら、「Air」と呼ぶにふさわしいか疑問でした。
今回、11インチ、13インチそれそれの「MacBookAir」が発表されました。

驚いたのは、ストレージが全てSSD化され、11インチは1kgちょっとと正に「Air」と化しています。

私は今まで15インチのMacBookProを使っていますが、最近は外に出るときのお伴はiPadの役目になっていました。15インチのMacBookを持ち歩くの辛い年頃になったのでしょうか(苦笑)

しかし、iPadを持ち歩いていてもMacBookProのように自由ではありません。
アプリもまだ充実しているわけでもありません。

ツイッターや動画を見ることについては非常に強力なiPadも、ファイルの編集は苦手でアプリ間でファイルを扱うことが難しい状況です。

そんな中出てきたのが「MacBookAir」。
私は過去、小型サブノートを好んで使ってきました。
買うしかないでしょう。「MacBookAir」しかも、11インチを!

購入前に銀座に行き、実記に触れたらもう我慢できません。
「これなら(自分が使いたいようにMacを使える)!」

私は、早速行動に出ました。
まずは、iPadの放出です。
最高のメディアビューアとしてのiPadもまだメディア側のインフラが整備できておらず、持っていても宝の持ち腐れ。

さらに、今まで使っていたMacBookPro15インチも放出です。
これには、強い思いがありました。過去、ブログにも書きましたが、今使っているMacBookProは、私が購入したMacではありません。そのMacを使い続けることが苦になっていたのです。

私が当時欲しかったMacは2008Earlyです。
ところが、トラブルに次ぐトラブルで、今手にしているのは2008Lateです。
非光沢の画面ではなく、銀色のキーボードでなく、私が惚れて購入したものとはほど遠いものでした。

「いっその事、これも手放そう。」
そして、自分が惚れた「MacBookAir11インチ」を買おう。

オンラインストアからCTO(メモリを4MBへ)でオーダー。

しかし…。届いたのは傷がついたものでした。
最終的に新品交換になりましたが、そこまでの「たらい回し」は酷いものでした。
「またか…」MacBookProの時の問題が再び私を襲います。

今、「不良品」からブログを書いています。
僕が自分の「MacBookAir」を手にするのは、さらに一週間先。

なので、今回「MacBookAir」の写真は掲載しません。
一週間先の楽しみにとっておきます。
プロフィール

KENZI0410

Author:KENZI0410
初めて触ったコンピュータはTRS-80。
初めて買ったコンピュータはPowerBook550c。
システムエンジニア。WEBデザインなどIT業にどっぷり浸かった人で、スイーツ、オーディオ好き。
Twitter:@Kenzi0410

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
Rakuten Ad
My Fav ADs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。