コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

SounDroid Typhoon 電源/ボリュームスイッチ 改造!

SounDroid Typhoonネタの連投です!

前回のOPAMP換装のレビュー「VentureCraft SounDroid Typhoon OPAMP換装!(LME49860→OPA627)」でも最後の方に書きましたが、このアンプの電源ボタン/ボリュームスイッチの軽さには困りものです。ホントに。
Soundroid Typhoon補修Oリング2

出張中の鞄の中で勝手に電源が入り、仕事が終わってホテルに着いてみるとバッテリー切れ。
僕もキレそう…。

実際に困っている方が多いのです。この問題。
製造元であるVentureCraftさんは今年の『秋のヘッドフォン祭 2013』で無償でこの問題の対応をされたそうです。同社のサイトを見ると使っているのはシーリング用のゴムリング?のようですね?(違う?)

そんな事でDIYショップに行ってきましたよ。
径を計るとおよそ9mm程…。
見つけたのがこれ。SANEI「補修Oリング(内径8.8mm/厚さ1.9mm)」です。
Soundroid Typhoon補修Oリング1

これをボリュームスイッチの根元につけて滑り辛くしてみます。
Soundroid Typhoonの電源/ボリュームスイッチは8.89mm0.89mmの六角レンチで緩めます。
最初はかなり堅いです。レンチが細いだけに曲がる?折れる?と思ったくらい。

でなんとか外したのがこの状態。
Soundroid Typhoon補修Oリング3

で、そこに補修Oリングをはめ込みます。
Soundroid Typhoon補修Oリング4

スイッチを戻して六角レンチで締めます。
Soundroid Typhoon補修Oリング5

…重い…でもこれくらいでいいかなぁ。
重さの下限は電源/ボリュームスイッチを奥まで差し込まないようにすればいいかと。
レンチを締めたり、緩めたりしながら適切な位置を見つけてください。

これで、安心して出張に行けます\(^o^)/

さて、良い感じでMy SounDroid君ができあがってきました!
あとはLightningケーブルですか…できれば横出しの…w


2014.09.12 訂正

ご指摘をいただき、確認のうえ、レンチのサイズの誤記を訂正いたしました。
ご迷惑をおかけいたしました。また、ご指摘いただき誠にありがとうございました。

誤:8.89mm
正:0.89mm
関連記事
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

凄く参考になりました!ありがとうございます。

Re: タイトルなし

> 凄く参考になりました!ありがとうございます。
こちらこそ、お役に立てて嬉しいです!

とても参考になります。

ところで六角レンチは8.89mmではなく0.89mmではないでしょうか?

Re: タイトルなし

> とても参考になります。
>
> ところで六角レンチは8.89mmではなく0.89mmではないでしょうか?

ご指摘いただきありがとうございます。
また、ご迷惑をおかけして、大変申し訳ありません。

ご指摘いただいた通り、レンチのサイズは0.89mmの大変細いものになります。

記事内容を訂正させていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

KENZI0410

Author:KENZI0410
初めて触ったコンピュータはTRS-80。
初めて買ったコンピュータはPowerBook550c。
システムエンジニア。WEBデザインなどIT業にどっぷり浸かった人で、スイーツ、オーディオ好き。
Twitter:@Kenzi0410

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
Rakuten Ad
My Fav ADs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。