コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

MacBook Pro Retina用にBlueLoungeのKickflipを買ってみた!

私用として普段使いのMacBook Pro Retina(15インチ)用にBlueLoungeのKickflipを購入しました。
Kickflipは、トリニティ株式会社(BlueloungeのKickflipページのリンク)で取り扱っています。

このMacBook Pro Retina(15インチ)には、常時ハードケースをつけており、持ち出すときには他のケースにいれずにいます。

MacBook Pro Retina(15インチ)の本体は非常に薄いですし、アームレストも広いのでキーボードを使っていても何ら不便に感じることはありませんでした。

今回購入したBlueLoungeのKickflipはMacBook Pro Retina(15インチ)の底面につけることでキーボードの斜めにすることができると言うものです。

しかも折りたたみ式。

では、開封です。

BlueLoungeーKickflipーMacBookPro-1
外箱はシンプル。

BlueLoungeーKickflipーMacBookPro-2
同梱物は本体と簡単な説明書だけ。シンプル…。

BlueLoungeーKickflipーMacBookPro-3
本体のサイズはこんな感じ
※15インチ:280 x 55 x 6 mm(W × H × D)、13インチ:230 x 55 x 6 mm(W × H × D)

BlueLoungeーKickflipーMacBookPro-4
貼り付け式なので粘着シートの保護フィルムをはがします。

BlueLoungeーKickflipーMacBookPro-5
貼り付けます!
前記の通り、ハードケースをつけていますが、ハードケースをつけたまま貼り付けました。
簡単です。

BlueLoungeーKickflipーMacBookPro-7
Kickflipを貼り付けたままの状態でおよそ5mmほど上がります。

BlueLoungeーKickflipーMacBookPro-8
Kickflipを起こた状態です。およそ3cmほどの空間ができました。

BlueLoungeーKickflipーMacBookPro-9
シンプル。

キーボードタイピングも楽になりました。
本体からのエアフロー的にもいいんじゃないでしょうか?
何せMacBook Pro Retinaは熱くなりますから。

強度はどうでしょう。
しばらく使ってみないと分からないですねぇ。

ちなみにこのKickflipは、何度でも取り外し、取り付けができるそうです。
うん、いつまで使えるのかな…。

でも、これいいかも(^ー^)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : Mac
ジャンル : コンピュータ

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

KENZI0410

Author:KENZI0410
初めて触ったコンピュータはTRS-80。
初めて買ったコンピュータはPowerBook550c。
システムエンジニア。WEBデザインなどIT業にどっぷり浸かった人で、スイーツ、オーディオ好き。
Twitter:@Kenzi0410

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
Rakuten Ad
My Fav ADs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。